FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.21 (Mon)

CMの話題なら・・・<百花繚乱・華流セクシースター写真大放出スペシャル・4>香港の藤原紀香、バーニス・リウ(Record China)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000001-rcdc-ent&kz=ent

今年はいよいよ北京オリンピック開催。これをきっかけに、レコードチャイナ編集部イチオシの華流スターたちを日本の皆様に紹介していく。





このシリーズでは、日本でもおなじみのあのスターから、人気急上昇中の若手タレントまで、中華圏の芸能界を彩るセクシースター20組を厳選写真とともに一挙大公開!

第4回は、抜群のスタイルと美貌で人気の「香港の藤原紀香」ことバーニス・リウ(廖碧兒)

永谷園の始祖は煎茶の“神様”

夕食のあとに喫する一杯の煎茶(せんちや)。この煎茶を生み出したのが京都・宇治の製茶業者の永谷宗一郎。8代将軍・徳川吉宗の時代の人で、その功績から「茶宗明神」として祀られた。宗一郎から数えて10代目が、企業としての永谷園の創業者・永谷嘉男だ。嘉男の祖父と父は1905年に東京に移り、自分の姓を付けた茶販売店「永谷園」を開くが、嘉男は戦後にこの店を継いだのだ。
彼が、それまで誰も思いつかなかった「即席茶づけの素」というアイデアで「お茶づけ海苔」(写真は発売当時のもの)を発売したのは52年。社名を「永谷園本舗」と改称(現社名は92年~)した54年ごろから「お茶づけ海苔」は爆発的に売れ始めていく。
70年には「さけ茶づけ」を発売。当初は鮭を水中で手でほぐしていたが、それではミンチ状になってしまう。そこで、ほぐした鮭の身を機械にかけてプロペラで回転させ、一定のフレーク状にすることに成功した。発売時は手で取っていた鮭の骨も、精米に使う米選機を使うことで骨取りの機械化を果たした。
(夕刊フジより引用 )


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  08:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

やっと見つけました

結構簡単だったよ
私でも出来ました |  2008.01.21(Mon) 09:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。