FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.19 (Sat)

日本の四季の・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000000-rec_r-ent

こたつでテレビを見ながらみかんをぱくぱく…。この季節、どこの家でも見かけるなじみの光景です。さてそんな冬の風物詩みかん、みなさん普段どのように食されていますか? 実は彼ら、ただ皮をむいて食べるほかにもいろんな楽しみ方ができるって知ってました?

まず手始めに「冷凍みかん」。手軽に作れる簡単さや、駅の売店で売られていることなどから知っている人は多いハズ。親から大量に送りつけられたときの保存にも重宝しますよね。

さてお次は、なんとみかんを焼いて食べちゃう「焼きみかん」! フライパンで皮が真っ黒になるまでじっくりと焼き、ホクホクと湯気立ち上る実をお箸でつついていただきます。口に入れた瞬間ジュワッと果汁があふれ出し、口の中が熱~いみかんの果汁でいっぱいに…。この焼きみかん、実は日本各地で食されている人気メニュー。いろりでまるごと焼いたり、みかんの房をひとつひとつストーブで焼いたり、さらに薄皮の上からみかんを強く揉んで実をジュース状につぶし、ふつふつと沸騰してきたところを食べるなど、地方によって食べ方はさまざま。

また、みかんの三大産地のひとつ愛媛県では、一年の無病息災を祝う「どんど焼き」という神事で、正月飾りと一緒にたき火でみかんを焼いて食べるのだとか。





さらに三重県では、みかんを焼くためだけに作られた「焼きみかん器」なるものまで登場したり…(残念ながら現在は生産中止になってしまいました)。この他にも、みかんもちにみかん鍋と(詳細はランキングにて※R25本誌ではランキングが表示されています。)みかんを使った料理はまだまだたくさん。

寒い冬、いつもと違うみかんの食べ方を楽しみつつ愛しい彼女とこたつでにゃんにゃん…これぞ、日本男児だけに許されたしあわせ。寒くて長い冬の一興に、みなさまぜひお試しください!
(R25編集部)

「みかん」を見る

※コラムの内容は、フリーマガジンR25から一部抜粋したものです

■「ライフ」に関する過去のイチ押し記事
男性にも乳がんがあった!女性とは違う早期発見法とは?  (2007.02.15)
彼女も思わず胸トキメく!?肉の“焼きテク”をマスターしたい!  (2007.05.24)
ズバリ女の子に聞いてみました結局「いい男」ってどんな男?  (2007.09.06)

映画決めゼリフ「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」

まだ生きていると信じ続けて戦っていきます
このDVDはドキュメンタリーである。アメリカ在住のジャーナリスト夫妻が、横田さん夫妻の、信じ続ける勇気に感銘を受けて緻密な取材で得た証言と、古いフィルムを掘り起こして創り上げたノンフィクションだ。
「1977年11月15日朝、いつものように学校へ出かけた当時13歳の横田めぐみさんが忽然と姿を消した」
(夕刊フジより引用 )


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  02:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。